H24.4.25


昨日は朝、嫁の買い物に同行するも、二人で外出するということが、おおよそ7年ぶりのことだったので、どうしていいか分からず淡淡と過ぎていった。帰りの車内で、無言がきつくなって、ラジオからのニュースきっかけで、死刑の是非みたいな話になり、分かり合えやしないってことだけを分かり合うのさ。夜、少しずつホームページを作成。出きるだけシンプルに。

今日。お互い顔を合わすのがいよいよつらい状態。昼からは図書館にて佐々木中とか読む。昨日の深夜、いつものたまたま具合でポチッたブッチャーズの映画のDVDが夕方届く。続けることは偉大だ。あと、担当だったおばあさんが再度入院した、とダスキン自費ヘルパーの人から連絡がある。退職した旨伝えるも、今後どうしましょう的な話しが続いた。24時間体制で付き添いを余儀なくされた前回のことを考えると、今回も手ごわそう。ただ、費用が高額になる故、自分も暇だし、手伝えることがあれば、みたいな話をしてしまうのはどうだろう。その後会社から電話。話している最中、「ブン」という音とともに、生きている実感。今の自分は、予想通り確実に腐ってきているのだろう。でもまだ底ではない。