H25.5.12


日曜日の夜
近所の本屋までの道すがら
ぼくは
白い息を吐きながら
おじいさんは
苛立ちのあまり吐瀉物を吐きながら
いっしょに歩いた
その記憶の道を
通り過ぎる